Kudan株式会社 | Kudan Inc.

最新ニュース

NEWS

【リリース発表の件】Kudan、コンピュータビジョン(CV)技術の活用範囲を拡大

2017.02.27 NEWS

macOS/Windows向け「Desktop CV SDK」の提供を開始

拡張現実(AR)技術およびそのコア技術であるコンピュータビジョン(CV)技術1を提供するKudan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:大野 智弘、以下Kudan)は、PC・タブレット2環境におけるCV SDK(ソフトウェア開発キット)として、macOSおよびWindows向け3に「Desktop CV SDK」の提供を開始しましたことをお知らせします。従来、自社開発のCV SDKをモバイルOS (iOS/Android)向けに提供していましたが、今回の「Desktop CV SDK」の提供開始により、幅広い開発環境において2次元マーカーの認識およびマーカレスでの3次元トラッキングによるARアプリケーションの開発を可能にします。

※1:CV(Computer Vision)技術: コンピュータがカメラなどを通じて取得した画像/映像を解析し視覚処理する技術
※2:Microsoft Surface
※3:Windows7以降、macOS 10.10以降に対応

■ Kudan CV SDKの動作可能デバイス

図

■macOS/Windows環境への提供開始について
Kudanは、これまで主にモバイルOS向けにCV SDKを開発・提供しておりました(CV SDKはAR SDKからレンダリングエンジンを取り除いたバージョンになります)。
このたびARアプリケーション開発のニーズがモバイル以外にも拡大していることに伴って、市場からPC・タブレット向けの開発ツールに関する多数のご要望をいただき、macOSおよびWindows向けのアプリケーション開発に対応した「Desktop CV SDK」の提供を開始いたします。Kudanの先進的なCV SDKを使用することで、より幅広い動作環境においても、2次元マーカーの認識およびマーカレスでの3次元トラッキングによるARアプリケーションの開発や提供を行うことが出来ます。また、「Desktop CV SDK」はARアプリケーションの開発にあたって、各種レンダリングエンジンと組み合わせて使用することが可能となっており、開発者のニーズに合わせて非常に汎用性が高い利用が可能となっています 。

Kudanは今回の「Desktop CV SDK」の提供により、PCと外付けカメラの組み合わせなどの幅広い開発環境における先進的なARをサポートし、AR活用の拡大を目指してまいります。

■「Desktop CV SDK」の使用について
hello@kudan.eu宛に下記事項についてご記載の上メールください。
①登録したいメールアドレス、②お名前、③所属団体(企業名、学校等)、④使用用途

弊社よりご指定の登録メールアドレス宛にご連絡致します。

※現況、無料試用期間は60日間で設定させて頂いております。60日間を超えて開発または調査を行う場合は、別途弊社とのライセンス契約が必要となります。

【参考】
Download the Kudan CV SDKs(UKサイト)

■Kudanについて
Kudanは、英国Bristolで創業した、最先端のCV技術を持つ会社です。自社開発したKudan Engineは、既存のスマートフォンなどのローエンドな端末における二次元画像認識およびSLAMを用いた三次元空間認識を可能にします。Kudan EngineのCV技術は、先進的なARの実現だけではなく、ロボティクスやIoT、AI等の技術と結びついた幅広い応用分野へと活用の幅を広げています。

※ SLAM(Simultaneous Localization and Mapping): 画像やセンサ情報等から自己位置の推定と環境地図の作成を同時に行い三次元の空間認識を行う技術。

■Kudan株式会社について
・代表取締役:大野 智弘
・住所:東京都新宿区新宿6-27-45 近代グループBLD.20 9階
・URL:https://japan.kudan.eu/

■PDFのダウンロードはこちら

pdf_icon_big